LOADING…
ENTRY
社員訪問
社員訪問は、マイページ内でお申し込みを受付中です。ご希望の方は、こちらよりマイページへのご登録をお願いいたします。
MY PAGE
小澤 誠明
資産営業第一部 / 2015年入社
INTERVIEW

魅力を感じたのは、
人とのつながりを大切にする
不動産業界

学生時代は都市の環境や、その変化を数学的に分析する研究に取り組んでいました。研究を進めていく中で、都市や街を様々な人と協力してつくり上げていく不動産開発に興味が出てきたんです。同時にサークル活動や自転車旅行などで出会った、多様な価値観を持つ人との交流を通して、人と人とのつながりを大切にしたいという気持ちも強くなっていました。そのため、人が集まる交流やふれあいの場をつくり上げていく、デベロッパーの仕事に魅力を感じるようになったんです。

入社の決め手は、社員の方々の人間性

デベロッパーの中でも、安田不動産は個々人の裁量が大きいのが特徴です。入社したら比較的早く自分のやりたいことを実現できるのではないかと感じました。また、人数の少ない安田不動産は小回りがきくため、社会の急激な変化の中でも、市場のニーズや顧客の要望に対し、柔軟に対応できることも魅力でしたね。入社前に会社の全てがわかるわけではないので、不安が全くなかったかといえば嘘になります。それでも採用担当だった方や、他の社員のみなさんと話していくうちに、この人たちが自分のことを見て、受け入れてくれるなら大丈夫と、自分の直感を信じて入社しました。

業務の流れ

テナント対応
エリアマネジメント
ビル管理・
バリューアップ工事
共同パートナー対応
資産営業部の業務は主に4つのセグメントに分けられます。
上記のビル運営管理業務を全て自社社員で担当します。

家賃改定の結果が、
自分にとっての成績表

私が所属する資産営業第一部は、建物の資産価値を守り、向上させる部署。日々の清掃からトラブル対応、長期修繕計画の立案・実行まで、管理全般を実施します。また、テナント様同士を引き合わせて新たなコミュニティ形成のサポートをするなど、これまでにないビジネスや相乗効果を生み出すための働きかけなども行います。テナント様に喜んでいただき、どれだけ担当している物件の価値を上げることができるか。それが私たちのミッションです。約2年ごとにテナント様の家賃の改定があるのですが、その際に表れるのが、これまで積み重ねてきた仕事の結果。テナント様からの評価が良好であれば、家賃の値上げにも応じていただけますし、逆に満足度が低いと、減額交渉になってしまう可能性もあります。いわば私という担当に対しての成績表なんです。毎回この改定の時期は緊張しますが、テナント様に評価いただいていれば、交渉によって家賃が年に数千万円増えることもあります。売上が上がったときは、自分の努力が報われた気がしてとてもやりがいを感じますね。

とある1日の流れ

AM 9:00
出社 メールをチェック。ビルの稼働状況を確認し、設備不具合の把握をします。
AM 10:00
社内打ち合わせ テナント動向・トラブル等を情報共有
AM 10:30
テナント様とWEB打ち合わせ 担当テナント様との、内装変更工事の打ち合わせです。
AM 11:30
移動・昼食 浜町には名店が多いのでランチには困りません。
PM 1:00
BM会社とミーティング 来期の営繕工事についての打ち合わせです。
PM 3:00
テナント様訪問 担当の飲食店へ訪問。売上状況・客層について情報交換。
PM 4:00
資料作成 明日の予定を確認し、今後の打ち合わせ準備をします。
PM 6:00
退社 今日は早めに帰って、家族のために夕飯を作ります。

これまでの経験を活かし、時代にマッチした不動産開発を

私は入社後最初の配属が開発部だったので、今後は資産営業部での知識や経験を活かして、もう一度開発業務に携わりたいです。単にビルを建てるというのではなく、街自体の価値を再定義するような、そんな開発に取り組みたいですね。
社会情勢や働き方が変わっていく中で、新しいコミュニティの形成や発展を進めていき、ビルに入居するテナント様、地域に住む方々、さらには、街を訪れる人々が交わっていく。それがかたちになれば、今以上に盛り上がる素敵なまちづくりにつながっていくと思います。

OTHER INTERVIEW

開発第二部
北山 武
(2012年入社)
インタビューを見る
営業推進部
月野 瑞紀
(2017年入社)
インタビューを見る

OFF TALK

off talkREAD MORE